仙台でAGA治療

男性の薄毛は、生え際から頭頂部にかけての部分に集中していることが特徴で、側頭部や後頭部の頭髪はそのままの状態を保っているケースが少なくありません。これは、AGA(男性ホルモン型脱毛症)という症状の典型的な状態で、男性ホルモンのテストステロンが変化したDHTという物質が根本的な原因です。

 

この物質が毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合することにより、通常であれば3~4年は続く頭髪の成長期が半年程度にまで短縮されるので、長く伸びる前に寿命を迎えることになります。なお、生え際から頭頂部にかけて薄毛が集中するのは、テストステロンをDHTに変換するU型の5α還元酵素がこの部分の毛根に分布しているからです。

 

テストステロンの分泌は、成長期に急増するので、AGAが発症するのもこれ以降のことです。日本人の場合は、20歳代の後半から30歳代が著明で、発症率は約30パーセントです。なお、U型の5α還元酵素の分量や毛乳頭細胞のレセプターの感受性が発症を左右する重要なポイントと考えられていますが、これらは遺伝的要因により決定されるので、個人の努力で発症自体を防ぐことはできません。特に、母型の遺伝が影響すると考えられています。

 

なお、現在では症状の進行を防止する治療薬が開発されており、AGA治療を行っている医療機関で購入することが出来ます。この治療薬は、U型の5α還元酵素の活性を阻害するという内容の内服薬で、飲む育毛剤とも呼ばれています。ただし、頭皮や頭髪に対しての効果は何もないので、AGA以外の薄毛には有効ではありません。しかも副作用の危険があるので、診察をきちんと行うクリニックを見つけ出さなくてはなりません。

 

仙台市には、AGA外来を行っている多数のクリニックが所在しています。しかし、どれを選んでも良いというわけではありません。頭髪は健康に対して直接影響を及ぼす部分ではないので、薄毛を改善する治療は美容目的と認識されます。このために、AGA治療は自由診療に分類されるので、クリニックごとに料金には違いがあります。このために、事前の情報収集が非常に重要です。