生え際対策法

 

生え際の後退原因とその対策について

 

生まれつきおでこが広い人もいますが、年齢を重ねるごとにおでこが広くなったように感じる場合は、生え際が後退していると判断できます。生え際が後退する原因は、遺伝やストレスなどがあります。遺伝は仕方のないことですが、父親の生え際が後退しても受け継がない可能性はあります。

 

事前に体質が分かれば生え際対策ができるので、30代〜40代でも後退を食い止めることができます。ストレスを感じると頭皮の柔軟さが失われて、血行も悪くなります。栄養が十分に吸収されない頭皮では、髪の毛を育てる力も衰えるので、薄毛になりやすいです。その他にも睡眠不足で髪の毛が育つチャンスを逃したり、タバコで抜け毛を促進したりと、生え際を後退させる原因は様々です。

 

生え際対策として有効なのは4つです。

 

まず1つ目は食事のバランスを取ることです。栄養バランスが崩れると男性ホルモンの分泌もおかしくなるので、抜け毛を増やします。油の多い食べ物の食べ過ぎに注意して、野菜を多く食べるようにします。かぼちゃなどの緑黄色野菜には、血行を良くして栄養を届けるビタミンAが豊富に含まれています。また小松菜やほうれん草を食べると、新陳代謝が活発になって髪の毛の成長が進みます。

 

2つ目はシャンプーの方法です。シャンプーに適した温度は38℃前後で、液剤は直接頭皮に付けないで、たっぷりと泡立ててから指の腹で洗います。洗い残しは毛穴を詰まらせるので、しっかりとすすぎます。通常のシャンプーは石油系界面活性剤など刺激が強い成分を含むので、抜け毛防止に特化した育毛シャンプーを使います。
3つ目は睡眠をとることです。夜ふかしをすると成長ホルモンの分泌が妨げられます。夜10時〜2時までは熟睡できるように、早めに寝る準備を整えます。

 

4つ目は、運動をすることです。運動を定期的に行うと、血行不良が改善されます。また無理をしなければ、ストレス発散にもなるので運動を習慣を身につけます。